着物 kimono

その優雅さと気品あふれる美しさは贅沢の極み。
普段身にまとう機会が少ないからこそ<和の美>を心ゆくまで楽しみたい。
アンテリーベではあなたを華やかに演出するさまざまな和装スタイルをご提案致します。

Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
総手刺繍

長寿の象徴として用いられることの多い鶴を
菱型に文様化した鶴菱や亀甲など
おめでたい吉祥文様を配置し、その上から職人が
手作業で一針一針丁寧に縫い上げた刺繍の桜を
中心に色とりどりの花々が満開に咲き誇ります。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
錦織・総手刺繍

寛文期の小袖をモチーフに
錦織と手刺繍で柄を表した打掛。
桜の立木文様と水辺を表す籠目文様を取り合わせた
大胆な印象の構図です。
花の表現は鮮やかな色糸をふんだんに用い、
また金駒刺繍を詰めて豪奢な輝きを加味しました。
ベージュの地を背景に落ち着いた色彩に紅や朱を用いた、
エレガントかつ艶やかさをたたえる一着です。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
総絵羽

疋田、牡丹、菊、桜など和のテイストを用い、
ヒワ色の地に華やかな配色であしらいました。
総絵羽の柄は地の疋田に至るまで
全て400口錦の織物であしらわれ、
背中には熨斗が広がり、
裾には花車とどの角度から見ても
ふんだんに柄があしらわれた、
大変華やかな柄行きの打掛です。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
緞子織

白鶴の優雅に舞いはばたく様は
佳日の慶びを謳い上げているかのようです。
また、百花の王と讃えられている大輪の牡丹や、
幾多の試練を乗り越え雄々しく茂る松等、
四季を飾る麗しい花々をふんだんに描き上げ、
女性らしい華やかな雰囲気を表現しました。
雅やかな御所車が一層豪華さを添えている
格調高い御婚礼衣装です。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
総手刺繍

引箔白地の刺繍の打掛。
切箔の雲取り文様に、
伝統的な日本の文様である鶴と四季の花、
そして優雅な風景を一面に描いた打掛けは、
華やかさの中に手刺繍により醸しだされる
優しい風合いが感じられます。
裾を引いた打掛姿がより一層印象強さを
与えてくれる逸品となっております。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
京友禅・金駒刺繍

おめでたい兆しの象徴である瑞雲とは五色の色彩を放つ吉祥の証。
優美で美しい鶴がまるで、
未来に進むお二人を祝福しているかのように舞羽ばたきます。
桧垣に本紋の柄ゆきのつややかで美しい
上質の生地を用いて染め上げ、
一面に職人の手作業により金駒刺繍を施しました。
アンティーク着物のような色彩が大変趣のある御婚礼衣裳です。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
紋綸子地・総手描き京友禅

京友禅の雄である藤井 寛 氏とコラボレーションして製作した、
華やかかつ上品な文綸子に総手描き友禅の打掛です。
地を埋め尽くさんばかりに柄が施され、
氏のこだわりである配色の妙が存分に効いた仕上がりとなっています。
はるかに広がる波は永遠の象徴、
華文は正倉院宝物にも多く見られる高尚さ漂う文様で
麗しくもハイクラスな印象を演出しています。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
錦織

大きな亀甲で場面を斜めに仕切り、
左上部には花房が豊かな藤の花、
右下部には清雅な菊の花を配した
正徳期の小袖らしい構図の総絵羽錦織の打掛です。
花嫁衣装らしく華やぎを持たせるために
交互に赤地の鹿の子文様を配しました。
気品と大胆さを併せ持った衣裳です。

item info
Close

白無垢

Shiromuku

加工
縮緬地・金糸刺繍

結婚式での静寂でいて格調高い神殿挙式にふさわしい打掛。
シボのある縮緬地に肩から裾にかけて配された
豪華な刺繍の白無垢。
重ね舞い飛ぶ鶴が華やかなおもむきを醸し出してくれます。
豪華な雰囲気が日本の花嫁にふさわしい
格調の高さを見せてくれる逸品です。

item info
Close

白無垢

Shiromuku

加工
相良刺繍

大輪の牡丹が美しく優雅に表現されています。
地紋様の浮かび上がる生地を深みのある色に染め上げました。
職人が一つ一つ手作業で施した相良刺繍は
三大刺繍の中のひとつといわれ、
立体感があり大変丈夫であることが魅力です。
格調高い雰囲気で花嫁様を彩る、豪華で流麗な逸品です。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
手織唐織

桃山時代の織物には、華やかな色彩と
高度に洗練された技巧に特徴があります。
その特徴を生かし、豪華で闊達な雰囲気を持つ意匠を
現代の打掛として復元し、製作。
当時、盛んに能装束や小袖に用いられていた伝統的な柄を
色紙取に配し、色目においては、幽玄の世界における、
わび、さびのあじわいをもたせ、格調高く織り上げました。
西陣における伝統的な唐織の技術を用い、
丁寧に織り上げられた御婚礼衣裳打掛です。

item info
Close

引振袖

Hiki Furisode

加工
京友禅、手刺繍

古来より、熨斗は贈答品につける
飾りものの形を模様化したものであり、
両家の結びつきを深めるという意が込められています。
その熨斗を主題に、四季の花々と古典的な華紋を描きました。
熟練した職人の手により丁寧に施された本手描友禅と金駒刺繍が
一層豪華さを演出した御婚礼衣裳です。

item info
Close

引振袖

Hiki Furisode

加工
京友禅、手刺繍

古来より、熨斗は贈答品につける
飾りものの形を模様化したものであり、
両家の結びつきを深めるという意が込められています。
その熨斗を主題に、花籠を包むように可憐に咲き誇る花々と、
古くから吉祥の象徴として親しまれてきた松竹梅を描きました。
上品な紫地に彩り鮮やかに染め上げた花々が
可憐な花嫁様を演出します。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
唐織

この衣裳は、彦根の井伊家秘蔵で
十八世紀の作とみられる能装束を原本とし、
その独特の色調と文様構成の素晴らしさを損なうことなく
現代風にアレンジした格調高い唐織の打掛です。
中央に一株の桜樹、四方には草花の枝を配し、
御所車と鳳凰を丹念に描き上げました。
唐織ならではの重厚感と、
王朝風の雅びやかな雰囲気を醸し出す地色の金箔が、
花嫁様にふわしい華やかさと気品を添えています。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
手刺繍

金銀糸で描かれた鶴が、華やかでおめでたい雰囲気を醸し出します。
精緻に施された刺繍は、幾種類もの糸を使い分けており、
四季の花々を美しく彩ります。
愛らしさと豪華さを兼ね備えた、
まさに晴れの日を迎える花嫁様にふさわしい逸品です。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

加工
京友禅、手刺繍

金糸が通った生地を黒と橙の幾何学文に染め上げ、
連なる山々の中の四季花文様を刺繍で表現しました。
金彩加工で描かれた雲取りに、
背中から裾にかけて舞い飛ぶ鶴が華やかさの中に
格調の高さを醸し出してくれています。

item info
Close

色打掛

Iro Uchikake

末広がりであることからおめでたいとされる扇面と、
愛らしい色彩の手毬を取り合わせ、
花嫁様の晴れの日を祝うにふさわしい逸品に織り上げました。
柔らかな色彩で一面に咲く枝垂れ桜、
そして花車からこぼれんばかりに咲く牡丹や菊、
藤がはんなりとしたかわいらしい逸品です。

item info
Close

引振袖

Hiki Furisode

金色に輝く水の流れを背景に、紅白の丸く愛らしい
梅の花が咲き誇る姿が印象的な逸品です。
友禅と金加工により、職人が華やかに仕上げました。
比翼にも模様を入れることで、立ち姿、
歩き姿も美しい御衣裳になっております。

item info
GO TOP