Staff Blog

【ウエディングイベント】緑が美しい万博迎賓館。ガーデンウエディングに映えるイエローのカラードレス/グランフロント大阪店

Category:ウエディングドレス, カラードレス, グランフロント大阪店

いつもアンテリーベのブログをご覧下さっている皆様、こんにちは。

今回は、8月11日(木)に『万博迎賓館』で行われた
『Wedding Open Gallery』の様子をお届します!

今回のテーマは『本当の結婚式 本物の結婚式』。
結婚式を挙げられる意味は人によって違います。
このイベントを通し、当日のイメージを膨らませ
結婚式の土台を作る1日にして頂きたい!という思いで開催されました。

 

チャペルでは、挙式当日さながらの模擬挙式が3回行われ、アンテリーベも迎賓館様に似合うドレスとタキシードをご用意いたしました!
%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1

サテンと呼ばれる光沢のある生地に、ビジューをたっぷりと施した、とてもラグジュアリーな1着。
シンプルなアクセサリーと合わせて、華やかさと上品さを演出したい方にお勧めです。
正統派フロックコートでクラシカルなお2人のコーディネートです。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2

バックスタイルにもビジューがたっぷり!!
自然光に照らされ、とっても綺麗でした。

 

また、テラスにて行われたショーは、爽やかなイエローのドレスに、チェック柄のタキシードを。
光沢のあるシルクオーガンジーに、フランスレースが施されております。
明るく元気な印象に、上品さもプラスした1着で、少しカジュアルダウンさせたいお二人にピッタリな組み合わせです♪
淡い色のカラードレスには、カラフルなブーケもお勧めですよ。
%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a5

当日はお天気も良く、沢山の方にお越し頂き大盛況に終える事ができました。
次回は1月ですが、ご来館のお客様皆様にお楽しみ頂けるよう、スタッフ一丸となって心を込めてWedding Open Galleryを創っていきたいと思います。

アンテリーベでは、今回ご紹介した衣裳以外にも
上質な素材とこだわりのデザインが詰まった衣裳を多数ご用意しております。
皆様是非、店舗へお越し下さいませ。
心よりお待ち致しております。

 

●一年を通して季節の花が楽しめる 万博迎賓館
http://www.geihinkan.com/

【お客様フォト】こだわりのナチュラルウェディング。オーガンジーのウェディングドレスとタキシード/グランフロント大阪店

Category:お客様フォト, ウエディングドレス, グランフロント大阪店

皆様こんにちは。
いつもアンテリーベのブログをご覧頂きありがとうございます。

今回は5月4日、万博迎賓館で挙式をされた新郎様と新婦様をご紹介させて頂きます。
お二人のお式のテーマは、新婦様が好きなキャラクターのムーミンにちなんで『北欧風ウェディング』です♪
当日会場には新婦様手作りの可愛いアイテムがたくさん飾られていました!

写真 (1)

 

テーマに合わせてお選び頂いた衣裳は、新婦様のウェディングドレス『Celes(セレス)』。
やわらかなオーガンジーに繊細なレースが施されたドレスで、後ろ姿もとても華やか!
会場のチャペルにもぴったりのドレスです。ご披露宴入場では、花冠でナチュラルな雰囲気で登場されました!

写真 (2)

写真 (3)

写真 (4)_s

 

また、タキシードはさわやかな白のモーニングカットをお選び頂き、かっこよく着こなしてくださいました♪

 

続いてはお色直しのご紹介です。
お色直しは白無垢と紋付・袴を洋装から、ガラッと雰囲気を変えてお召し頂きました。

白無垢には鹿の子柄のお小物を合わせ、柔らかい雰囲気の新婦様にぴったりな、可愛らしく、お洒落なコーディネートです。こちらのお衣裳は前撮りでもお召し頂き、万博迎賓館ならではの様々なシーンのお写真を残して頂きました。リラックスした素敵な笑顔が印象的です。

写真 (6)_s

写真 (7)_s

 

ご試着には、新婦様とお母様でご来店下さることも多く、当日のお二人の楽しそうなお姿を見ることが出来て嬉しいです!

写真 (5)

 

短い期間ではありましたが、お二人の大切なお式に携わらせて頂き、本当にありがとうございました。末永くお幸せに。

【イタリア紀行】ヴォーグ編集者が創ったセレクトショップ。スタイリストのフィルターを通した魅力を紹介/グランフロント大阪店

Category:PICKUP, ウエディングドレス, グランフロント大阪店

アンテリーベのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
イタリア紀行3回目の今回は、イタリアの街並みに溶け込む歴史と衣食住から見える文化をご紹介します。

海外の情報は今やスマートフォンの画面に触れれば簡単に手に入りますが、足を運んでみて気がつくこと、感じることが沢山あります。観光ガイドには載っていない、私たちの興味や関心のフィルターを通したイタリアの魅力を皆さんにお届けします。ぜひお楽しみください。

 

昨年のイタリア紀行でも取り上げましたプーリアの州都バーリ(Bari, Puglia)。今回は旧市街を中心にご紹介します。

バーリは、長靴のような形に例えられるイタリアの地図にあってちょうどかかとの部分、イタリア半島南部の海岸線の美しい街です。イタリア映画の「ライフ・イズ・ビューティフル(原題:La vita è bella)」のワンシーンに登場するような、アイボリー色の石畳と古い建造物が連なる迷路のような路地裏が魅力的です。
01_裏路地-2

 

慌ただしい日常のなかで、スマホを片手に道に迷うことも少なくなった私たち。時間と心に余裕があれば、こんな素敵な街で迷子になるのも楽しいでしょうね。
02_裏路地

 

路地裏を離れれば、大聖堂(ドゥオーモ、Duomo)が目の前に。美しい装飾と壁画、祈りを捧げる荘厳なミサ(祭儀)は目を見張るものがあります。
03_ドゥオモ

04_ドゥオモの壁画

 
 

現地の生活感と歴史的な建造物が隣同士にある日常を味わえるのは、散策ならではの楽しみです。オレキエッテ通り(Via delle Orecchiette)では、イタリアのマンマ(母)たちがお喋りに興じながらパスタを打っている場面に出くわしました。耳たぶのように見えることからその名がついた「オレキエッテ(Orecchiette、小さな耳)」は、この地域の伝統的なショートパスタです。
05_オレキエッテ

 

ブロッコリーや菜の花といったアブラナ科の野菜とアンチョビ、ニンニク、トウガラシをあえれば、春を感じる定番パスタ料理の完成。日本のイタリア料理店でもよく見かけますので、もちもちとしたオレキエッテの触感をぜひご堪能ください!
06_shutterstock_181745921

 
 

私たちが次に向かったのはファッションの都ミラノ。バーリから北西へ約880km、日本でいうと東京、福岡間の距離にあたります。バーリからミラノまで直行便がでており、約1時間30分のフライトです。

かねてより噂に聞いていたショップ「10 Corso Como(ディエチ・コルソ・コモ)」をご紹介します。アートやファッション、デザインはもちろん、カフェやホテルまでを融合した特別な空間です。
01_入口

 

10 Corso Comoは、「Italian ELLE(エル)」「Italian Vogue(ヴォーグ)」 の編集者だったCarla Sozzani(カルラ・ソッツァーニ)氏が始めたショップで、コモ通り(Croso Como)10番地、住所がそのままショップ名になっています。

入り口の構えはこじんまりとしていますが、そこをくぐると開けたスペースに。ガーデンスペースではゆったりとしたカフェが楽しめます。世界中から観光客が訪れているようで、ショップ内は複数国の言葉が陽気に飛び交っていました。
02_入口を抜けたスペース

 

日本でもライフスタイルをトータルに提案するショップが増えていますが、セレクトされた上質な商品やセンスの良さは、代官山 蔦屋書店の店内をイメージすると分かりやすいかもしれません。ショップのインテリアやディスプレイに触れていると、アンテリーベのショップディスプレイやブライズアイテムのコーディネートのアイデアが湧きだしてきます。
03_店内

04_店内-2

 

2階の書籍フロアにはファッション専門誌も揃い、スタイリストを名乗る私たちにはとても刺激的で魅力溢れる空間です。もちろんウエディングドレスの本場らしく、ブライダル関連の書籍もズラリ。写真の美しさに惹かれて、一冊一冊本の前で足を止めてしまいました。
05_店内-4

06_店内-3

 
 

海外の街並みから見える歴史や、現地の衣食住から感じる文化は大変興味深いものです。それはスマートフォンの画面を通じて見えるものとは全く異なります。

実際に触れてみることで、自分から外国の歴史を、文化をもっと知りたいという気持ちが湧いてきました。それはウエディングドレスでも同じです。アトリエでデザイナーのドレスづくりにかける想いに触れて、縫製工場で丁寧なものづくりを目の当たりにして……。

綺麗に仕上がったウエディングドレスを日本で見ているだけでは感じ取れないことがたくさんありました。ウエディングドレスが仕上がるまでに携わる人の数や工程、想いを知っていることが、より花嫁に喜んでいただける提案につながると感じました。

この想いをアンテリーベのスタイリストで共有して、これまで以上に花嫁の気持ちに寄り添ったご提案ができるように努めてまいります。

 
 

こちらの関連記事も合わせてご覧くださいませ。

【イタリア紀行】今秋入荷予定の新作。世界のブライダルトレンドを意識したVネックやマーメイドライン/グランフロント大阪店
http://www.amtteliebe.co.jp/blog/?p=5165

04_デザイナー マリア氏

 

【イタリア紀行】待望のコラボレーション。イタリアのブライズスタイルを代表するジョバンナ スビロリ/グランフロント大阪店
http://www.amtteliebe.co.jp/blog/?p=5152
02_打ち合わせ風景

【イタリア紀行】今秋入荷予定の新作。世界のブライダルトレンドを意識したVネックやマーメイドライン/グランフロント大阪店

Category:PICKUP, ウエディングドレス, グランフロント大阪店

アンテリーベのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
イタリア紀行2回目の今回、ご紹介するパートナーはベラントゥオーノ(BELLANTUONO)です。

01_看板

 

1964年創業のドレスメーカーで、ウエディングドレスづくりのパートナーとして昨年からアンテリーベにご協力いただいております。
新作カタログやブログ記事でもその素敵なドレスをご紹介しておりますので、既にご存知の方もいらっしゃるかと思います。

なかでもウエディングドレスのアリソン(Alison)やカラードレスのミランダ(Milanda)は、身にまとうだけでほかの花嫁と差がつくほどのオリジナリティにあふれています。上質な素材を厳選して仕立てた一着は、特別な日の装いにぴったりです。

 

アリソン(Alison)
イタリア職人のパターンテクニックを駆使して完成した魅惑のマーメイドラインです。ドレス全体を包み込むように大輪の花柄リバーレースを配して、デコルテにはシルクサテンをドレーピング。モード感を秘めた女性らしさを覗かせます。

02_IMG_2440_2

 

ミランダ(Milanda)
繊細で透明感のあるシルクオーガンジーを染め上げて、深みのある美しいグラデーションに。アンテリーベらしい大人のプリンセスラインに仕立てあげました。スカートにはシンメトリーにタッキングを施して、花嫁の歩みに歓びの表情を演出します。

antte_Cdress_11

 

 

ドレスのデザインからパターン・縫製まで一貫した品質管理は、デザイナーのマリア氏を中心としたもので、べラントゥオーノ サルトリーア(Bellantuono Sartoria)とブルマリン(Blumarine)の2ブランドを世界中に展開しています。

04_デザイナー マリア氏

 

●べラントゥオーノ サルトリーア(Bellantuono Sartoria)
美しいレースの柔らかな色合いと繊細なディテールは上質を究めた花嫁にこそ相応しいマテリアル。自然なスタイルアップが叶うシルエットが甘すぎない可憐さを演出してくれます。

??????????

05_BELLANTUONO SARTORIA

06_BELLANTUONO SARTORIA-2

08_BELLANTUONO SARTORIA-5

 

●ブルマリン(Blumarine)
女性らしさを際立たせる柔らかなシルエットとレース使いが美しい清楚な印象のデザイン。普段のファッションと同じように、自分のこだわりやスタイルを表現できるクチュールドレス。

09_Blumarine

10_Blumarine-2

??????????

 

今季のアンテリーべは、世界中のブライダルトレンドを意識したテイストを積極的に採用しています。例えば、モダンな印象を与えるVネックや、女性らしい曲線美がゲストの目を引くロングトレーンのマーメイドラインなど。

12_BELLANTUONO SARTORIA-4

 

サイズや生地はもちろん、レースや刺繍ひとつに至るまで日本の花嫁が綺麗にご着用頂けるようにスタイリストのアイデアがふんだんに注がれています。新作ドレスは今秋の入荷を予定しておりますので、ぜひご期待くださいませ。

13_山口マネージャー

 

 

アンテリーベにご来店の際は、マーメイドラインなど「着てみたいけど、似合わないかも…」と諦めていたラインのドレスもぜひお試しくださいませ。

ウエディングドレスのサイズは花嫁の体型やご希望に合わせて細やかに調整させていただきます。丁寧にドレスの縫い目をほどいて一針一針縫いあげていきますので、まるで自分のために仕立てられたみたいと喜んでくださる花嫁がたくさんいらっしゃいます。

2014102703

 

スタイリストが丁寧にドレスのバランスを整えさせていただくことで、似合わないと思っていたドレスが、花嫁を美しく魅せるドレスへと生まれ変わります。

2014102704

 

さらにヘッドドレスやアクセサリー、ブーケやウエディングシューズに至るまで、アンテリーベなら統一した世界観のアイテムを豊富にご用意して、あなただけのブライズスタイルをトータルコーディネートさせていただきます。ご来店お待ちしております。

 

こちらの記事もぜひご覧くださいませ。
【ウエディングシューズ】足元から美しく、凛々しく。ドレスのデザインや丈にあわせたトータルコーディネートをご提案/芦屋本店
http://www.amtteliebe.co.jp/blog/?p=4759

14_靴写真

 

素敵な靴は、その持ち主を素敵な場所へ連れて行ってくれます。
お気に入りのシューズでバージンロードを歩き、新郎様の元へ …

●BENIR | ベニル ― 神戸のウエディングシューズファクトリ ―
http://benir-wedding.com/

 

こちらの関連記事も合わせてご覧くださいませ。
【イタリア紀行】ヴォーグ編集者が創ったセレクトショップ。スタイリストのフィルターを通した魅力を紹介/グランフロント大阪店
http://www.amtteliebe.co.jp/blog/?p=5197

03_店内

 

【イタリア紀行】待望のコラボレーション。イタリアのブライズスタイルを代表するジョバンナ スビロリ/グランフロント大阪店
http://www.amtteliebe.co.jp/blog/?p=5152

02_打ち合わせ風景

【イタリア紀行】待望のコラボレーション。イタリアのブライズスタイルを代表するジョバンナ スビロリ/グランフロント大阪店

Category:PICKUP, ウエディングドレス, グランフロント大阪店

アンテリーベのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
今回から4回にわたって、イタリア紀行をお届けします。

皆さんがドレスショップでご覧になるウエディングドレス。ショップに並ぶまでに、どのような工程をたどるのかご存知でしょうか。

アンテリーベが扱うウエディングドレス、カラードレスは、デザイナーのアトリエに赴くことから始まります。スタイリストが現地で素材やデザインの打ち合わせを行い、熟練した職人たちが一枚ずつ丁寧に縫い合わせていきます。

01_企画書

 
世界中から質の良いドレスだけを集めたい。その一心で、時間と手間、想いを余すところなく注ぎ込んでいます。

02_打ち合わせ風景

 

そんな私たちが信頼するデザイナーのひとりに、イタリアのブライズスタイルを代表するジョバンナ スビロリ(Giovanna Sbiroli)が挙げられます。今回のブログ記事では、ジョバンナ スビロリが創りだすドレスの美しさを皆さんにお伝えします。日本の花嫁に向けたアンテリーベとのコラボレーションラインも発表しますので、ぜひ最後までご覧くださいませ。

03_527169_541849875866974_1289939661_n

 

時代に流されない強さと、愛らしさを取り入れたジョバンナ スビロリのウエディングドレスは、花嫁の奥ゆかしい美しさを魅せてくれます。

ブライダルコレクションの歴史は長く、1963年(昭和38年)に創立されました。今から53年前のことです。アトリエを構えるイタリア半島南部のバーリにはドレスメーカーが軒を連ねますが、ジョバンナ スビロリのように半世紀以上の歴史をもつブランドはまれです。

04_IMG_0413_2

 

ジョバンナ スビロリが得意とする繊細な手刺繍やイタリアンレースの可憐さは、熟練の職人の技によるもので、パターン(型紙)の制作から仕上げの縫製までをすべて一人の職人が担当しています。

???????????????????????????????

05-2_レース

 

テキスタイル(生地)ひとつをとってみても、私たちがイメージする華やかなイタリアを彷彿とさせます。オールイタリアンメイドの丁寧なものづくりは、日本のものづくりにもつながるところですね。

06_テキスタイル

 

アンテリーベでは今秋、待望のコラボレーションライン「Amtteliebe by Giovanna Sbiroli」を発表します。デザイン画の制作から始まり、約1年をかけて準備を進めてきた企画です。

07_デザイン画-2

 

ジョバンナ スビロリの持つ愛らしい空気感を大切にしながら、繊細で装飾にまでこだわったアンテリーベオリジナルデザインは、バリエーション豊富な5型のドレスシルエットで展開予定です。完成まで楽しみにお待ちくださいませ。

 

バリエーション豊富な5型シルエット

・Aライン
デザイン多様な上品シルエット
アルファベットの「A」のように、なだらかに広がるシルエットです。そのほとんどにウエストの切り替えがなく、すっきりとした縦のラインで脚長効果も抜群です。

 

・プリンセスライン
誰もが抱くお姫様を彷彿させるシルエット
シェイプされたウエストから大きく広がるスカートが特徴です。中に身につけるパニエでスカートのボリュームも自由自在。花嫁一人ひとりに合わせた美しいシルエットに仕上がります。

 

・マーメイドライン
女性の曲線美を称えるシルエット
ボディラインに添ったタイトな上半身シルエットから、人魚のように膝下で広がるスカートが印象的。「S」字のラインを描くグラマラスな佇まいは大人の雰囲気たっぷりです。

 

・エンパイアライン
ガーリーなスイートドレス
胸下切り替えの直線的なスカートラインがクラシカルな雰囲気を演出します。袖付きやレースの装飾を施した個性的なデザインも豊富。ウエスト高は脚長効果を、余裕のあるお腹まわりはマタニティの花嫁にぴったりです。

 

・スレンダーライン
ゲストの目を惹くエレガントな細身ライン
スカートにボリュームを持たせずに仕上げた、細身のすっきりとしたシルエット。動きやすいので、レストランや少人数挙式など、ゲストとの距離感が近い会場に最適です。

 
 

「ドレス×ヘア」のベストバランスをご提案!

アンテリーベならウエディングドレスとのバランスから選ぶヘアスタイルもご提案させていただきます。
選んでいただいた最愛のドレスをより美しく着こなすためには、ヘアスタイルとの相性がポイントです。デコルテ(胸元)や袖のデザインからスカートのシルエットまで、ウエディングドレスのシルエットと相性抜群のヘアスタイルをご一緒に見つけましょう。

 

例えばデコルテがすっきり見えるビスチェタイプのスレンダーラインなら……
裾の広がりが少ない直線的なスカートで、全身を上品に包むスレンダーライン。すっきりとスマートなドレスシルエットに合わせて髪のシルエットも頭の形に沿うようにまとめると、アンテリーベの花嫁らしく大人っぽい均整の取れたバランス美人になれます!

 

ヘア&メイクのご相談はもちろん、ウエディングドレスを美しく着こなすためのブライダルエステまで、あなたのブライズスタイルをトータルにスタイリングさせていただきます。

 
 

アンテリーベの提携会場「ミアヴィア」のブログでは、花嫁の体型に合わせたウエディングドレスのシルエット選びが紹介されています。こちらも合わせてご覧くださいませ。

アンテリーベより 花嫁様必見! 体型別ドレスセレクト♪ 2016年5月21日 結婚準備のコツ・豆知識
https://www.mia-via.com/blog/2016/05/post_367.html

 

●スローウエディング MiaVia(ミアヴィア)|光と緑あふれる大阪の結婚式場
https://www.mia-via.com/

 
 

こちらの関連記事も合わせてご覧くださいませ。

【イタリア紀行】ヴォーグ編集者が創ったセレクトショップ。スタイリストのフィルターを通した魅力を紹介/グランフロント大阪店
http://www.amtteliebe.co.jp/blog/?p=5197

03_店内

 

【イタリア紀行】今秋入荷予定の新作。世界のブライダルトレンドを意識したVネックやマーメイドライン/グランフロント大阪店
http://www.amtteliebe.co.jp/blog/?p=5165

04_デザイナー マリア氏

資料請求はコチラ
GO TOP